小学生ライフ!毎日の勉強と習い事の話

小学生になると学校生活、勉強、習い事など気になることがいっぱい。調べたことをつらつらと発信します。

タブレット学習のおすすめはどれ?迷っているなら評判や口コミよりも大事なこと。

 

公文やそろばん、塾に行くよりは家で勉強できるようにしたい。家庭で学習の習慣をつけたい。宿題にプラスアルファして勉強してほしいけど紙の教材もデジタルの教材もたくさんあってどれにしたらいいか、わかりませんよね。

  • スマイルゼミ
  • チャレンジタッチ
  • Z会
  • スタディサプリ
  • 学研ゼミ
  • デキタス
  • ドラゼミ

思いつくタブレット学習を箇条書きにしただけでも6種類もあります。

いったい何を決め手に選んだらいいのでしょうか。

 

まず、ネットの口コミや評判は参考にならないと思います。なぜか?

「よその子どもには良くても、自分の子どもに合うかはわからない」

いくら他人の感想を聞いたところで、それは自分の子どもに合うかはわかりません。所詮、他人の話しです。体験したその子どもがどんな性格の子どもかもわかりませんよね。いくら文章で読んでも文字だけの話しです。

自分の子どもに教材が合うかどうかは、子供が実際に体験してみるしかわからないことなんです。

かと言って、タブレット学習を手当たり次第に始めることもできないし、どうすればいいのって思いますよね。わたしも同感です( ̄▽ ̄;)

ただ、ネットで口コミや評判を調べたり、色々な会社の教材の内容を調べまくっても時間と労力をムダに消費するだけです。

疲れるだけです。調べ魔のわたしが保証します(-_-;)

では、わが子にはどのタブレット学習が良いか一緒に考えていきましょう!

 

専用タブレットがいいか?

タブレット学習には専用のタブレットが必要なものと自分でパソコンやipadなどのタブレットを準備するものがあります。

専用タブレットは学習専用になりますので子どもが自由にインターネットに接続できないなどセキュリティ的に安心感はありますよね。

ですが、初期投資が大きくなります。専用なのですでにタブレットを持っている、パソコンやタブレットを購入する予定があるのなら専用タブレットを購入するのは悩みどころです。

「専用タブレットの学習教材にする」と決めているならスマイルゼミかチャレンジタッチの二択です。

スマイルゼミは新学習指導要領に全面対応で2018年春からプログラミング講座を開講します。英語教育にも力を入れています。

チャレンジタッチもプログラミングが始まりました。チャレンジタッチにアプリが配信されたり、会員専用サイトで利用できます。対象は小学4年生からになります。

新学習指導要領に合わせて色々と教材の内容も変更していくので今後の動向に注目です!

キャンペーンを実施していたり情報も変わりますので公式サイトから資料請求をするのをおすすめします。内容に一番まちがいがないです。

公式サイト>>◆スマイルゼミ◆

公式サイト>>進研ゼミ小学講座

 

お試し期間だと思って始めてみる。

高額になればなるほど長期契約はリスクがありすぎます。子どもに合うかどうかにわからないのに、高いお金は出せませんよね。

途中でやめてしまうと子供も挫折感があると嫌なので、あらかじめ子どもに「お試し期間だから」と説明して始めてみるのが良いと思います。

進研ゼミのチャレンジタッチはタブレット代の負担がないのですが、6か月未満に退会するとタブレット代14800円が発生します。

スマイルゼミなら全額返金保証がありますので、その条件をよく確認して始めてみてはいかがでしょうか。

「きっちり期間を決める」

期間を決めて始めて、続けるか検討するのがベストです。

 

スマイルゼミが万が一、子供に合わなかった場合はタブレット学習自体を見直すかチャレンジタッチを始めるか、ですね。

チャレンジタッチは6ヶ月以上継続するとタブレット代が無料になりますが、今なら2ヶ月の受講でもタブレットを返却すればタブレット代金は無料になるキャンペーン実施中です。キャンペーンに合わせて期間を決めて始めるのがいいですね。

スマイルゼミはデジタルだけで完結していますが、チャレンジタッチはデジタルと紙の教材もありますので、両方の側面から学習に取り組めるのはメリット大だと感じています。

ポイント

専用タブレットで家庭学習をするならスマイルゼミかチャレンジタッチ。

お試し期間だと思って期間を決めて始めてみるのがおすすめ。

随時キャンペーン内容が変化するので公式サイトでチェックしてお得な時期を逃さない。

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

 タブレット学習をしている友達がいたら実際に話を聞いてみましょう。

実際に知り合いでスマイルゼミかチャレンジタッチで勉強している子供はいますか?

身近にいるのなら、直接勉強している様子を見させてもらってはいかがでしょうか。ネットとは違って実際の勉強している様子を見たり、親しい子供なら子どもの性格なども分かるので自分の子どもが取り組むにあたってかなり参考になりますよね!

番外編として算数に特化したタブレット教材『RISU』で集中して勉強してもいいかもしれません。

専用タブレットで無学年制なので一人一人に合わせて勉強できます。復習も先取り学習も学年の枠を超えて自分の実力に合わせて勉強できるのが特徴です。

 公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

公式サイトに書いてあるのですが、RISUで勉強している75%の子どもが学年より上の算数に取り組んでいるんです。これって教材が楽しいからついつい先に進んじゃうってことですよね!

専用タブレットでの学習データは東京大学や早稲田大学などトップ大学生が子どもたちの先生として個別に学習アドバイスやフォローの動画を送り、ちょっとしたつまづきや理解できていない内容をピンポイントでサポートするという手厚い体制です。

算数は積み重ねが大事です。「わからない」を放置するとどんどんとわからないが重なって算数が苦手になります。「わからないをすぐに解決する」が重要ですものね!

内容も良くてサポート体制も良いって利用料が高いんじゃ?って思うでしょ。実は月額2480円で特別高いってわけじゃないんですよ。学校で学ぶ教育課程よりも学ぶスピードが早ければスピードに比例して利用料が加算されます。

例えば学校の1.5倍のスピードで3千円強。1.7倍で4200円です。学校の授業があるときは加算が出ないように1倍で夏休みとか長期休暇の時はガンガン勉強して1.7倍とか、ここら辺は家庭のお財布事情で子どもと相談して調節してもいいですよね!

専用タブレットの初期費用無料なんです。他ではないサービスです。
サポートサービスも無料で月額利用料以外に費用が発生するのはタブレットを壊してしまった時の修理代5,980円だけです。
しかも、解約してもそれまでに解いた問題を復習できるようにタブレットの返却はしなくていいんです!

タブレット費用が無料でいつでも解約できて手数料も無料でタブレットも返却不要って、もう、試なさいほうが損している気分になります( ̄▽ ̄;)

数か月試してみて、合わなかったらやめてしまってもいいかもしれません。

 

専用タブレットが不要のデジタル教材ならどれにする?

パソコンやタブレットがすでにご自宅にあるなら、もしくは購入予定なら専用機材が不要のデジタル教材ですね。だいたいがお試し期間が設けられているのでトライしやすいです!
初期費用がかからず月額の会費も安いので経済的にも負担にならないのも魅力的です。退会がしやすいのも特徴の一つですね。

費用が安かったら浮いた分を習い事にあてたり、家族でお出かけしたりできますね(*´▽`*)

 

どれにするか?

まずは学研ゼミでしょう!

なぜ学研ゼミをおすすめするのか?

学研ゼミはいくつかのコンテンツに分かれているのですが、どのコンテンツでも一ヶ月無料で利用できるんですよ!

お試し期間が長いのでしっかり子どもの様子が見れますよね!

お試しするには無料の会員登録が必要になりますので公式サイトからどうぞ(*^-^*)

公式サイト>>すべてのサービスが初月無料!【学研ゼミ】

学研ゼミは月額500円から。どんな内容?

学研ゼミは利用できるコンテンツサービスがいくつかあります。その中でいくつコンテンツを選ぶかで月額料金が変わってきますね。一つでもいいし、二つでもいい。

  • スマートドリル
  • ワンダードリル
  • キッズクラス(対象者は幼児)
  • 学研図書ライブラリー(読書)
  • 学研チャンネル(厳選アニメ動画)
  • 学研ジュニア新聞
  • 学研デジタル百科事典

一つのコンテンツを利用するのに月額500円ですが、スマートドリルは小学1年と2年は500円で小学3年生からは1000円です。

公式サイトで内容をチェックしてみてください(*^-^*)

公式サイト>>すべてのサービスが初月無料!【学研ゼミ】

 

 

 スタディサプリは月額980円!年払いだと年間9800円で2ヶ月分お得です。

公式サイト>>スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

学研ゼミの次に月額料金が安いのがスタディサプリです。月額980円でそれ以外に発生する費用はないしで魅力的なのですが対象が小学四年生からです。

わが子がまだ対象ではないのでリサーチはここまでです(^-^;

二週間の無料体験ができるので先を見越してチェックするだけでもいいかもしれませんね。無料体験の期間はキャンペーン実施時など違ってきますから詳細は公式サイトで確認するのがベストです。先取り学習するならチャレンジしてもいいかと思います。

 

【デキタス】は塾が作ったwebデジタル通信教育。城南進研グループの講師が監修!

予備校・個別指導塾を運営している城南進研グループのweb学習システムです。

月額料金は3000円でタブレット学習の中では金額が高い部類に入りますが、公式サイトをのぞいてみると、内容が良さそうなんですよね!

公式サイト>>通信教育ならデキタス

キャラクターが可愛くて子どもが好きそうで取り組みやすく、難しい内容もしっかり理解できるのかも。
塾が作っているからカチッとしていかにも勉強という雰囲気かと思いきや、意外にカジュアルな雰囲気なんですよね。これは子供に受けるだろうなって印象です。5日間の無料体験があるので興味のある方はチェックしてみてくださいね(*^-^*)
正直なところ、5日間の無料期間は短いですよね(^_^;)
1カ月か2カ月だけでも続けてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 ただ、予備校や個別指導塾を運営している企業のシステムも検討に入れるならインターネット家庭教師の選択も検討してみてもいいかと思います。
インターネット家庭教師Netty(ネッティー)は家庭教師&個別指導塾ノーバスが運営しています。小学生低学年は月額税抜8000円です。入会金など他の費用は一切かかりません。
学習に必要なWebカメラ、ヘッドフォンマイクは無料でレンタルできますので一度無料体験をしてみてください。オンラインの家庭教師を体験するのも良い経験になりますね♪

公式サイト>>インターネット家庭教師Netty

 

ドラゼミの徹底反復デジタルドリル

あまり知られていないのですがドラゼミにもタブレット学習ができるサービスがあります。英語・国語・算数・理科・社会の5教科そろっています。特徴的なのが算数のフラッシュ暗算です。フラッシュ暗算は数字が一瞬だけ表示され、その数字を暗算で計算するというもの。遊び感覚で出来ますし集中力が鍛えられます。

フラッシュ暗算はそろばん教室などで導入されていて、フラッシュ暗算目的でそろばん教室を検討する方もいますね。
他にもます計算やエレベーター計算などテンポよく勉強に取り組めそうです。基礎計算を正確に早く行う計算力をつけて基礎をしっかり固めます。
計算ドリルの成績はグラフ化されますのでモチベーションにも繋がりますね!

利用料はデジタルドリルのみで月額1500円、ドラゼミ会員だと月額500円です。

 公式サイト>>ドラゼミ

ドラゼミ会員だと月額利用料500円なので資料請求をしてドラゼミの教材を手に取って見ることをおすすめします。

 

Z会のタブレットコース

Z会も紙の教材を用いたコースとタブレットコースがあります。紙の教材は基本のスタンダード、より応用力を養うハイレベルコース、中学受験を見据えた中学受験コースがあります。Z会のタブレットコースでは国語・算数・理科・社会・英語・総合学習の6教科が学べます。

Z会の教材は教科書の基本を押さえた上でプラスアルファの応用力を育てるのが特徴です。タブレットコースではハイレベルな問題もタブレットを用いることで取り組みやすくなっています。

公式サイト>>「考える力」が、 未来を拓く。Z会小学生コース

自分でスケジュール管理の習慣を身につける

子どもの予定に合わせて自動で学習スケジュールを作成し勉強の進捗管理を徹底的にサポートします。「今日やるべきこと」がはっきりしているので家庭での学習習慣を身につけやすい。

5時から算数、5時半から国語というように具体的なスケジュールなので自己管理能力も養われていきますね。

課題提出も質問もタブレットで行い、すべてタブレットで完結します。

タブレットコース受講はiPadとタッチペンが必要です。

タブレットコースは小学三年生からで会費は小学3年生のコースで月払い6600円、年払いだと1月当たり5910円です。会費は学年で違いますので公式サイトで確認してください。今なら資料請求で国語・算数チェックテストをプレゼント中です♪

  

ポイント


学研ゼミかスタディサプリが千円ほどです。
ドラゼミのデジタルドリルはドラゼミ会員なら500円、会員以外は1500円です。
上記の3社はどれも低価格でお手軽でおすすめです。

無料期間があるのは学研ゼミ・スタディサプリ・デキタスです。
学研ゼミ:1ヶ月無料
スタディサプリ:2週間無料
デキタス:5日間

ドラゼミやZ会は無料お試し期間はありませんが資料請求でお試し教材がプレゼントなので内容をチェックしてみましょう。

 まとめ

専用タブレットにするならスマイルゼミかチャレンジタッチの二択です。

専用タブレットが不要の場合はドラゼミか学研ゼミがイチオシですね。小学四年生以上ならスタディサプリの選択もあり!

少し月額料金がかかってもいいならZ会でしょうか。

無料お試し期間を上手に使って、子どもが続けやすいタブレット学習を選んでくださいね。リサーチをするだけでは前に進みません。大事なことは、まず実際にお試しして子どもの学習具合をチェックすることが肝心です。

以上、「タブレット学習のおすすめはどれ?迷っているなら評判や口コミよりも大事なこと。」でした。レッツトライ(^^)/

 

キャンペーンやサービス内容などは記事作成当時のものです。変更されている可能性がありますので、詳細は公式サイトで確認してくださいね