小学生ライフ!毎日の勉強と習い事の話

小学生になると学校生活、勉強、習い事など気になることがいっぱい。調べたことをつらつらと発信します。

口コミや評判を過信してはダメ。RISU算数を実際にやって見えたメリットとデメリット

 

なにごとも計画通りには進まない。

小4女子と小1男子の成績に陰りが出てきたので長期休暇、夏休み目前にRISU算数をやることにしました。

実際にやらないと見えてこなかったメリット・デメリットなどRISU算数の特徴をレポートします!

 公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

  

 

RISU算数を選んだ理由

子供たちはタブレットで勉強をしたことがありません。そもそも家にタブレットがありません。なので今回が初めてのタブレット学習です。心配なのはタブレットでの学習が子供たちに合うかわかりません。

一つの教科に集中して取り組んでみて、基礎をしっかり固めて自信へとつなげていきたい。

タブレット学習と子供たちの相性を観察しつつその後を検討しようと思いRISU算数を選びました。 

 

小4女子の状況

小4女子はしっかり者で勉強も何も心配いりませんでした。書店のドリルだけで十分だったのですが小学4年生になり騒がしいクラスに当たってしまいました。いわゆる学級崩壊で騒ぐ子供は授業中も歩き回りまともに授業が成立しない毎日でとうとう小4女子の成績も下がり始めました。勉強が難しくなっているのに( ;∀;)

小1男子の状況

 小4女子ほどではないけど順調に勉強ができていると思っていました。が、算数のたし算で指で数えるようになっていました。

簡単なたし算ひき算も間違えるし、宿題も「わかんない!」とすぐに癇癪を起こす始末。

これは、子ども本人が「勉強がわかると楽しい!」「勉強が得意」って思えるような環境づくりをする必要性を切実に感じました。

今が大切!

RISU算数のタブレットが届きました! 

2人分なのでタブレットも2個です。一人ずつ専用で使えるのが嬉しい♪
子供たちも大喜びです。早く電源入れて設定してくれと急かされました(^_^;)

内容物はこれ。

タブレット本体・タッチペン・充電コード・取扱説明書・パンフレットです。説明書には電源の入れ方から音量・画面の明るさの操作説明、wifi設定・実力テストまでの流れが記載されていました。

メールアドレスを登録すると勉強状況がメールで届きます。

つまづいている時やステップアップしたときなどにメールが届きます。小1男子から先にメールがきまして小4女子が「わたしは!わたしのメールは!」と身を乗り出さんばかりの勢いで聞いてきました。自分のメールが来ると嬉しそうにしてましたので子どものモチベーションアップになりますね。

1度しかできない実力テスト。やり直しはできません。

この実力テストがくせものでした。問題点を後ほどお伝えます(>_<)

まず実力テストの前にチュートリアルで操作を覚えましょう

チュートリアルでタブレットの基本操作を学びます。

問題の書いてない空白の部分はフリーハンドでかけます。書く練習もやってみる。

問題の実力テスト、スタートです!

実力テストの所要時間は約30分です。小4女子のほうがサクサク終わっていました。

ここで問題が発生!

専用タブレットの操作性に問題あり

問題を解いている途中なのに手が当たって次に進んでしまい不正解になることがありました(>_<)

子どももタブレットで操作が初めてなので困惑している様子でした。できれば、チュートリアルに「画面に手が当たると思った通りの操作ができないから注意してね」など注意を促してほしかったです。

子どもの注意力が乏しい問題

小1男子は3問あるうちの1問を解かないで次に進んでしまって不正解になったり。学校の宿題でも1問とばしてしまうこともあります。不慣れな操作で注意力が続かないのか実力テストでもやらかしましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

モヤモヤした気持ちは残りますが無事!?に実力テストは終わりましたので次に進みましょう!

RISU算数はスモールステップで進めるステージ制。1つずつステージを攻略するのが楽しい!

小4女子は低学年のレベルからスタートです。
実力テストでクリアしているステージには「テストでクリア済み!」と書いていて今から解く問題には星マークが表示されています。

ステージに進むとさらに少しずつ問題に進めるようになっています。

問題はこんな感じです。

一見すると普通のドリルと同じような問題に見えるのですが子供たちは夢中で解いています。大人にはわからない魅力があるようです。すごく楽しいようで大好きな虫取りもそっちのけでタブレットを離しません。

予想以上に子供たちの反応がいいです。

やる気アップの工夫が効果的に効いてます

問題を解いて点数は100点!

100点満点を見て「やった!」と嬉しそうに報告する小1男子。シンプルだけど嬉しいですね♪

問題を解くとポイントが貯まっていきます。スペシャル問題にチャレンジできるスペシャルカギをゲットするときもあります。ポイントもスペシャルカギもご褒美的な存在です(*^-^*)

ランダムでオニチャレンジやスキップチャンス問題も登場!

単調なリズムだと飽きてきます。少し難しかったり突然やってくる問題にドッキドキしながら問題に取り組んでいました。

ポイントで交換できるプレゼントアイテムは? 

スペシャル問題を解くためのスペシャルカギをポイントで交換できます。iPhoneや双眼鏡、ノートなど他にもいろいろとプレゼント商品がありました。

子供たちは「このプレゼントが欲しいから」という具体的な欲求よりもポイントが貯まるのが純粋に嬉しくて楽しくって♪

子ども一人で算数に取り組むことができるのか?

親がサポートしないで子どもだけで勉強することができるのか?

小4女子は1人でできます!

彼女は小学一年生から様々なドリルで色々な問題を解いているので要領がわかっているので問題なく算数を解いていくことができています。「問題を読む」こともできるのでこれからも子ども一人で勉強できます。

問題は小1男子です。

まず、問題を読まない。「お母さん、どういう意味?わからない、教えて!」と癇癪を起しています。一緒に解説やヒントのアニメーションを見ても、ちゃんと読もうとしない。わたしが読み上げて理解を促します。

タイルを用いる解き方で解説があると「タイルは好きじゃないねん」と違う解き方を考えて説明しました。

おかしい、私、子どもに「わからない」って何度も呼ばれるんだが( ̄▽ ̄;)

ちゃんと解けている問題も「合ってる?」と聞きまくる。

「間違ってもいいんだから進めたらいいよ」と伝えると「間違えたくない!」と怒り出しました。

問題を解くのは楽しいし、もっともっと問題を解きたい!

正解すると嬉しい!

算数にのめり込んでいるので子ども自ら勉強する姿勢はとても喜ばしいことなのですが、ご飯を作っていてもお風呂に入っていても「お母さん教えて」って呼ばれるのは困る。

結局は熱くなりすぎている子どもに2日間RISU算数のタブレットを禁止しました。その晩、彼は泣きじゃくって眠りました。

勉強をしようとしている子どもに勉強するな!と結論してしまった私。どうしたらよかったんだろうか私も辛い( ;∀;)

低学年、戸惑っている子どもには親のサポートが必要

わたしの大きな間違いは「どんな子どもも一人で取り組むもの」と考えていたことです。これがタブレット学習ではなく紙製のドリルや問題集だったら子どもに質問されたら喜んで教えていたことでしょう。
子どもに質問されなくても勉強の状況を察知しようといつでも質問できるように近くで用事をしていたことでしょう。

タブレット学習に過剰に期待していた私がいました。

小1男子は問題を解く経験値も少なく色々な問題に接していません。本来の性格もありますが少し助けが必要だったのです。

タブレット学習の成果はでているのか

小1男子のたし算ひき算を指で数えるクセは直ったのか?

頻度は少し減りましたが時折り指で数えています。タイルが苦手ならさくらんぼ算で考えようと促しても納得のいかない様子の子ども。

レベルは上がっている!

学校ではまだ10までのたし算ひき算で繰り上げり繰り下がりまで進んでいません。RISU算数の問題を見てみると繰り上げり繰り下がりをやっているではありませんか!

知らない間に算数の先取り学習ができていました。

問題を読むようになった。

自分でも問題を読むようになっていました。ちゃんと読んでちゃんと問題を解いています。母としても嬉しいです( ;∀;)
きっとタブレットを取り上げられたくないって気持ちがきっかけになったんだ(^-^;

費用は基本料金だけでよさそう?子どもの進捗速度は?

これがえらいことになっています。RISU算数で勉強して約1週間で小4女子はステージ10を達成しました!

基本料金2480円に加えて進み具合に合わせて利用料が発生します。本当は基本料金だけで済ましたいので速度を落としてほしいところですが、子供たちの喜んでタブレットで勉強している姿を見ると「お金かかるから次のステージには進まないで」とは言えません。

子供たちのやる気に歯止めをかけることはできません。

かと言ってこちらにも都合があります。

うーん、解決策として考えるのは一日にRISU算数をやる時間を決めるってことでしょうか( 一一)

小4女子は低学年の内容からスタートしているので、心配しなくてもしばらくしたら速度は落ち着くでしょう(^-^;

適切なレベルになれば速度は落ち着くだろう

実力テストのミスもあって低いレベルからスタートしているので、有り得ないスピードで進んでいましたが、本来の実力に合った問題まで進めばびっくりするような速度で問題を解くことはないと思います。

ほんと実力テストは大事ですね!

1週間のおためし期間で子どもの様子を観察しましょう

RISU算数はお試しができます。

 公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

 我が家の2人の子どもでも様子がかなり違いました。二人とも想像以上に夢中になっています。取り組み方、特に小1男子みたいに少し親のサポートが必要な場合もあります。小4女子みたいに本来のレベルより低いレベルからスタートする場合もあります。

でも、二人とも夢中になって取り組んでいる姿、喜んでいる姿は微笑ましですし少しずつでも結果が出ているのでやってみて良かったと思っています。

お試し期間で子どものタブレット学習の様子を観察するもの大事ですが親も子どもの勉強する姿を見て納得できるものかどうかを感じてください。

基本料金は年払いです。一年はあっという間ですし、お試し期間の間に続けると決めたなら期限を決めましょう。子どもに「1年間の期限でRISU算数をする」と伝えて思いっきり1年間頑張るように促すのが得策です(*^-^*)

下の画像かリンクから公式サイトのページに進めますのでぜひお試しキャンペーンの詳細を確認してみてください。

 

 公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

 

以上、「口コミや評判を過信してはダメ。RISU算数を実際にやって見えたメリットとデメリット」でした。

もし算数が嫌い、苦手でもRISU算数なら夢中になって取り組むかもしれませんよ。このチャンスにお試しキャンペーンを活用してみてくださいね!

 

子どもが勉強嫌いかも?勉強への取り組み方を変えるだけで自ら勉強する子どもになる!

Kids

 

「勉強しなさい!」

怒ってばかりの毎日にウンザリしてませんか?

子どもに「勉強しなさい」は逆効果で良くないって聞きます。その話を聞く度に思うんです。「そんなこと、わかってる。でも子供が勉強しないから言うしかない」

それでも実際のところは「勉強をしなさい」と言ったところで勉強はしませんよね( ;∀;)

本当は「勉強しなさい」なんて言いたくないし効果がないことは誰でも分っているけど言わざるおえない状況だってだけ。

ありがたいことに我が家の子どもたちは自ら勉強をします。我が家での家庭学習の取り組み方や教育本を紹介します。

きっと勉強が嫌いな子どもも自分から勉強する子どもになるヒントがありますので、自分の子どもの興味や好き嫌いを考えながら読んでください(*^-^*)

 

1割前後の子どもは勉強嫌いから「好き」になっている!

東京大学社会学研究所とベネッセ教育総合研究所による「子供の生活と学びに関する 親子調査2015-2016」の追跡調査で実は一割前後の子どもが勉強嫌いから勉強が好きになっています!

衝撃的な調査結果です。誰だってミラクルは起こせるんです。希望が持てますね♪

追跡調査の話しは次のプレジデントの記事で紹介されていますのでぜひ読んでみてください。

勉強嫌いな子どもがどのようなきっかけで勉強が好きになったのでしょうか。その答えは、「子供の好奇心を刺激すること」です。

何かのきっかけで勉強と知的好奇心が結びつき勉強が好きになる。

まずは「勉強しなさい」「勉強しろ!」を封印してください。ぐっと我慢してください。子どもは親の言う通りには動きません。

前述の調査結果で、勉強好きになったきっかけは自分の関心のあることを通して「知ることが嬉しい」という内的動機の割合が高かったのです。

知的好奇心をどんどん刺激すれば勉強が好きになるタイミングがおのずとやってきます。

知的好奇心を追求するために親ができることは?

子どもが好きなこと、興味があることを親も一緒に楽しんで調べたり話したりと一緒に勉強することです。興味がありそうだったら書籍も購入していつでも読める環境を作ったりすることです。子どもの興味あることを広げて深掘りして好きを追求するのです。

それが計算や漢字の書き取りなどのいわゆる勉強でなくていいのです。知的好奇心を刺激して育てていくだけでいいのです。

「知る」ことが楽しくなればこっちのもんです。子どもは自ら興味のあることへどんどん勉強していきます。

知的好奇心を刺激するため我が家で実践したこと 

My very very very big tube.

順不同で現在進行形で実践していること、過去に実践したことを紹介します。

  • 道路マップなど紙ベースで地図を購入しておでかけをしたときにたまに地図を開いて通った道などをたどったりして遊びます。
  • グーグルマップのストリートビューで近所を散策して遊びます。
  • お風呂に地図を貼ってお出かけした時の話しなどをします。
  • プラネタリウム・昆虫館・水族館・動物園・恐竜展などテーマパークに行った後に関連する書籍を購入します。
  • 昆虫や動物などの観察会やイベントに参加する。
  • 身近な生き物を見つけたら帰宅して図鑑で調べる。見つからなければ追加して書籍を購入したり図書館で借りる。
  • 図書館で絵本・児童書・図鑑・写真集を借りる。図書館通いを習慣化した。借りてきても読みなさいと言わない。借りてきた本を全部読まなくてもいい。
  • 一緒に英語の勉強をしてみた。
  • 一緒にプログラミングの勉強をしてみた。
  • オセロや将棋をやってみた。
  • すごろくで遊んだ。
  • マンガを読む。
  • 子どもが欲しがる本をなるべく購入した。
  • ダーウィンや地球ドラマチック、大河ドラマなどを一緒に見る。
  • かいけつゾロリなどアニメで見たものを本でも読む。

プログラミングや英語などは勉強を意識して実践していますが、まだまだ遊びの範疇です。上の子は高学年になるのでそろそろステップアップしたいのですが親の私に余裕がないです(-_-;)

中根克明氏の著書『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』を読んで、我が家で実践してきたことが「子どもの勉強への取り組みにも役立ってる!」と自信が持てました。

読書と遊びの大切さ

Reading

『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』お子さんが小学校低学年ならぜひ読んでほしいです。高学年でも参考になる箇所はたくさんありました。アマゾンのレビューも参考にしてください。

本書では読書の大切さ、読み聞かせも耳からの読書なので自分で文字が読めるようになっても有効と書いていました。実際に我が家でも実践していることです。子どもが文字が読めるようになっても自分から読み始めるまでは読み聞かせをしています。

本書では親子で一緒に楽しむ時間をもっと増やすことをお勧めしています。遊園地などの特別なおでかけじゃなく、公園などで身近な場所で遊びましょう。っと遊びを充実させる具体的な例も紹介していました。

勉強的な遊びとは、日時計を作ってみたり、科学実験や天体観測をしてみたりという遊びです。子供がこれらの遊びの分野に興味を持っていれば、遊びにも知的な要素が加わります。

夏休みの自由研究の本やお菓子作りの本などを見てると面白そうで子供もやりたがります。遊びの中に「実験的な遊び」を取り入れるっていうのは親子で楽しめますね♪

プログラミングは奥が深い

プログラミングは、これからの子供たちの新しい遊びです。それは、出口がたくさんあり、それに応じて進む道もたくさんある遊びだからです。

 これからのプログラミング教育はプログラミングの言語を習得するのが目的ではありません。プログラミングを通して想像性のある遊びです。

いろんな素材を使って工作をするのと同じようにロボットを動かしたい、動くだけじゃなくダンスを出来るようにしたいなどプログラミングのルールに従って自分のやりたいことを作っていく遊びです。難しく考えなくていいんです。

プログラミングも習い事で通わなくてもタブレット学習で自宅で学習できます。タブレット学習についても記事にしていますのでぜひ参考にしてください。

プログラミングは大人になってから仕事にも遊びにも活かせる新しい遊びです。少しずつ家庭にも取り入れていきたいですね。

 

別の視点から勉強嫌いを克服する勉強法 

目からのウロコの勉強法でした。

著書の洲崎氏は本書で「そもそも宿題は楽しくないもの、ただの作業にすぎないから」と述べられています。復讐で反復練習や類似問題を解くだけだから面白くないと。

確かに宿題は義務でやってるだけでちっとも楽しくありません。

私は子どもに「宿題をさせるな」「勉強させるな」と言いたいわけではありません。

面白くないインプットの延長を無理やりやらせるのならば、いっそのこと、させないほうがマシだと言いたいのです。そうでないと、せっかくの子どもの潜在能力を発揮する場を奪い、やる気の芽を潰してしまうことになるからです。

大切なのは、その持っていき方なのです。

 もうこの文章を読んで私は「そうだそうだ!」といいたいぐらいでした。高学年になると単純作業の宿題が多すぎて時間のやりくりが大変になってきています。

理解度を確認することが成績アップのカギを握る

前述の調査結果の中で自分で理解度を確認しながら勉強する勉強法を実践している子どもは勉強嫌いから勉強好きになった子供の割合が多いです。ポイントですね!

「勉強するときに『何がわかっていないか確かめながら勉強する』」と答えた子供は、「勉強嫌い→勉強好き」になった子の場合54.1%であるのに対し、「勉強嫌いのまま」の子は31.4%で、22.7ポイントもの差があった

どうやって理解度を確認するのか?

元「浜学園」算数講師の洲崎氏の著書で簡単に理解度を確認する習慣づけの話しがありました。

アマゾンでレビューを見る>>たった5分の「前準備」で子どもの学力はぐんぐん伸びる!

授業の5分ぐらい前に、これから始まるテキストや教材にサーッ目を通していきます。

テキストへの”予習”をしているのではありません。

授業への集中モードに入っていく準備をしているとでも言いましょうか。学習内容への”興味”を自分に注がせます。

 ここでも興味を持つことの大切さが述べられています。我が子が学校で一人で実践するのが難しいようなら家で次の日の準備をするときに親と一緒にペラペラっと教科書を開いて眺めるだけでも効果が有りそうです。

そして理解度を確認するために勉強日記を記します。 

「今日からガンガンに復習しなくていいよ。その代わり、寝る前に、できなかった問題に対して、なぜできなかったのか?どこでつまづいたのか?を書いていこう」

 寝る前に勉強日記をつけるだけで知らず知らずのうちに復習をして学習の理解度を確認することになります。すると、わからない箇所を把握できるようになるので無意識のうちに「どうすれば答えにたどり着くか」を考える思考回路が出来上がるのです。

 

ガチガチに勉強しなくていい。やりたくないことを無理強いしてやらせない。楽しく学べる工夫をする。

マンガやテレビや映画で勉強が好きになる!宝槻泰伸氏の著書『勉強嫌いほどハマる勉強法』

Ipad day

宝槻泰伸氏と言えば強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 (クリックするとアマゾンにページが開きます)で有名ですね!

オヤジさんは奇想天外でハチャメチャなんだけど、学習法は的を得ていて自分の信じる道を突き進んで子育てを実践しいます。なんてったて高校に行かない選択をするとは潔い選択ができて凄いと思いました。それで子供3人とも京大ですからね。ほんと凄いです。学習法も少しは見習って私も実践しようとした覚えがあります。

著者はその長男さんです。自分の実体験をもとに教育に携わっています。

まず教科書やドリルを閉じてください。そしてマンガや映画を手にとって「これを使って勉強しよう!」とすすめてみてください。間違いなく、子どもの目の色が輝き始めます。

 本書では著者たち三兄弟が身につけた勉強法で活用したおすすめの漫画・テレビ・映画を解説を合わせて紹介しています。

アマゾンで詳細をみる>>勉強嫌いほどハマる勉強法

マンガなどのヴィジュアルで全体像を効率的に把握してそのジャンルへの入門編として活用するのです。興味を持つようにするのがポイントですね!

マンガの読み方がわからない小学生が増えているそうです。コマ割りの順番がわからないなど単純に読み方がわからない、行間を想像できなくてストーリーを追えない、などです。マンガが読めるほうが楽しく勉強に取り組みやすいですが、その場合はデジタル教材を活用したり他の入り口を考えるといいですね。

マンガなどの他に工作などの遊ばせながらの勉強法も紹介していました。プログラミング学習がPDCAサイクルを鍛えるのに役立つというお話しも興味深いです。社会人になってから散々と言われる課題解決法のPDCAサイクルがまさか子供の教育本で紹介されているとは!

 

さいごに

自分が知らないことを「知る」ってことは楽しいことです。勉強嫌いになっているのは歯車が少し違っているだけです。

1割前後の子どもは勉強嫌いから勉強好きへ変化しています。それには「勉強しなさい」「宿題したの!」を封印して「勉強は面白くない」イメージを払拭してください。

そして、遊びなど通して知的好奇心を刺激して親子一緒に楽しんでください(*^-^*)

今回紹介した書籍と記事です。

以上、「子どもが勉強嫌いかも?勉強への取り組み方を変えるだけで自ら勉強する子どもになる!」でした。

 

子どもの成長サポート飲料『セガグーン』を飲んでみた感想です。

公式サイト>>【SEGAGOON(セガグーン)】

 

身長の高い低いは子供が小さい頃は気にならなかったけど小学生になり、ふと自分の子供が他の子供より小さいことが気になってきました。でも、まあ、このときは「他の子どもが成長がいいだけ」って考えてたので何か行動を起こそうとは思いませんでした。

しかし、ある日「お母さん 背が高くなるにはどんなのを食べたらいいの」と聞いてきました。身長が少し低いことが子供も気になっていたようです。

子どもが悩んでいるのなら「身長が伸びるようにサポートしてあげたい!」と、自分で言うのもなんですが親心でしょうかね(*^_^*)

子どもは子どもで「身長が伸びるためには何でも食べる」みたいな姿勢だったのに、実際は肉は少し食べるけれども脂身は嫌い、魚が嫌い、マグロだけは食べたい、だとか好き嫌いの多い子供で食が細いのは相変わらずです。

身長のためとはいえ食生活がガラリと変わることはないですね(^_^;)

成長期の今では食事だけでは足りない部分も多いのかなと気になっています。

骨が成長する時期は決まっていて成長期のピークは男の子で12歳~15歳、女の子で10歳~12歳ですって。
もちろん個人差はありますがこの成長する時期を逃すと骨が伸びるチャンスを失ってしまうってこと、かな(;一_一)
成長期の時に必要な栄養をしっかりと取ることが骨を作ることに大切になりますね

セガグーンの特徴

成長サポートのサプリ、セガグーンはカルシウムだけでなくカルシウムの吸収をサポートするボーンペップやビタミンD、鉄分など成長期の子供に必要な栄養素がしっかり入った栄養機能食品です。 

飲み方も簡単で1包を100~150mlの水かぬるま湯に溶かすだけ。

セガグーンの栄養成分表示です。

セガグーン1本で1日で必要な量のカルシウムは44%が摂れます。ビタミンDは55%、鉄は40%なので過剰摂取を心配することはないですね。毎日の食事で不足しがちな栄養素を補助的に摂るってことですね!

乳酸菌も100億個配合!腸内環境も大事!

他にも成長期の身体に大切な栄養素がバランスよく配合していますので詳細は公式サイトで確認してください(*^_^*)

公式サイト>>成長サプリ【SEGAGOON(セガグーン)】

 

セガグーンを実際に飲んでみた感想です。

1箱で30本入りで約1ヶ月分です。目安量は1日1本です。

携帯に便利なスティックタイプの個別包装。

賞味期限は1年以上あります。

中身はクリーム色の粉末です。

常温の水150mlで溶かしてみました。

カルピスみたいな色です。粉末タイプのスポーツドリンクみたいな感じで味もスポーツドリンクみたいです。

スポーツドリンクも常温だと飲みづらいのと同じで、常温よりも氷を入れたり冷やして飲んだほうが美味しいだろうなって思いました。

まんまスポーツドリンクの味なので、スポーツドリンクの代わりになるようにもっと薄めてゴクゴク飲みたい。

これなら子どもも続けて飲めそうです。

定期コースがおすすめ!

1箱の価格は定期コースで9000円です。定期コースはめんどくさい印象がありますが、何回まで購入しなきゃいけないという約束がないので安心して申し込みができますね。次回分のお届け予定日の2週間前までに手続きをすればいつでも解約、届日の変更できるシステムになっています。

配送料無料で毎月割引価格で購入できます。

おばあちゃん、おじいちゃんになってからでは身長は伸びません。身長が伸びる時期は限られています。

食事も大事。成長期の今の時期だけ、食事だけで栄養素が足りているか心配な部分があるので栄養素を補助的にセガグーンで摂っていくのもありですね。

公式サイト>>【SEGAGOON(セガグーン)】

 

以上、「子どもの成長サポート飲料『セガグーン』を飲んでみた感想です。」でした。

 

プログラミングを子どもと一緒に独学でやってみた!

書店へ行けば子ども向けのプログラミングの本がたくさん並んでいます。もうどれを買えばいいのやら困ってしまいます。

本当はロボット教室やプログラミング教室へ通ってみたいところですが月謝も1万円前後が多くてそこそこします。我が家の家計状況では少し厳しいです。

そこで先輩ママからプログラミングの書籍を借りて子供と一緒にプログラミングに挑戦してみました!

 3冊の中で一番参考になったのが学研のまんが入門シリーズ【はじめてのプログラミング】でした。

アマゾンで内容を確認する>>はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)

プログラミングの本の内容

まずは学研の【はじめてのプログラミング】です。イラストとマンガが子どもにも大人にも抵抗なく取り組みやすいです。目次はこんな感じ。

無料のプログラミングソフト「スクラッチ」でプログラミングをしていきます。

マンガだけでなくしっかりと文字で解説しているページもあります。

共有やセキュリティの話しも説明があります。親としてはパソコンなどコンピュータの世界に取り組んでほしいけど情報の危険性や怖さも学んでほしいと思っていたのでマンガでわかりやすく伝えているのでよかったです。大事ですもんね!

次に【親子でまなぶステップアップ式プログラミング】です。

アマゾンで詳細をみる>>親子でまなぶステップアップ式プログラミング

まずは目次です。

スクラッチ以外のプログラミングソフトも紹介しています。年齢で分けけているのも選ぶ目安になりますね。

プログラミングソフトの画像とテキストで構成されています。

スクラッチが慣れてきて他のプログラミングソフトに移行するときに参考になりそうだと思いました。いつかはアーテックというブロックを組み立ててロボットを作りプログラムで動かしてみたい!って憧れたり♪

 

子どもと一緒にscratch(スクラッチ)をやってみました。

scratch.mit.edu

パソコンでもタブレットでもできます。我が家ではパソコンを使ってスクラッチを始めました。まずはスクラッチのサイトを開いてアカウントを作成します。

ユーザー名には「本名を使わない」、パスワードは他人に教えないなど注意するポイントが表示されます。アカウント作成はメールアドレス登録が必要なので保護者と一緒に行います。

さあ、アカウント作成が完了してスクラッチでプログラミングをはじめましょう!

ここからは画面の右にチュートリアルが出てるので書籍を見なくても進めました。プロジェクト「スクラッチをはじめよう」をトライしてみました。

ここからは子ども一人でできるだろうと思っていたので「困ったら呼んでね」とわたしはその場を離れました。

すると子どもにすぐに呼ばれて「漢字が読めない」「座標って何?」と漢字や言葉の意味がわからないなどプログラミングに取り組む以前の問題で子ども一人ではできませんでした

楽しいので次のステップに進みたいけど、漢字や言葉の意味がわからないなどですぐに中断してしまうので、わたしはずっと子どもの横につきっきりになりました( ̄▽ ̄;)

本当はプログラミングを子ども一人でやってほしかったのですがダメでしたね。

ピアノやドラムなど色々な楽器の音を出したり、どれだけの長さ音を鳴らすとかを指定して作っていきます。

色々なことを試してみたりと楽しいのですが、その間ずっと子どもの横にスタンバイするのは正直言ってツライです。

ごめん、子どものためでもママも夜ご飯作りたい( ;∀;)

子供だけでプログラミングを取り組めるようにしたい。子供だけでプログラミングするなら以前に調べたスマイルゼミのプログラミングがバランス的にちょうど良いのかなって思いました。

その時の記事はこれね→小学生のプログラミング対策としておすすめな教材は? - 小学生ライフ!毎日の勉強と習い事の話

スマイルゼミの公式サイト>>◆スマイルゼミ◆

通常のタブレット学習に無料で英語とプログラミングも勉強できるから経済的だし全てのお勉強がセットでそろっているオールインワンだと他にあれこれ考えなくていいので助かります(*´ω`*)

専用のタブレットだからセキュリティ面から考えても安心だと思いました。

もう少しリサーチを続けたいと思いますが子供専用のパソコンを買ったりタブレットの購入を検討したりと先は長そうです(;・∀・)

がっつりとプログラミングを勉強するなら子供専用のパソコンを購入してってなりますが、サクッと勉強するならスマイルゼミで十分ですよね!

少し触ったことがあるだけでも実際に学校で取り組むときに抵抗なくスッと頭に入るのかなって思いますので一度スマイルゼミの公式サイトでチェックしてみてくださいね(*^-^*)

◆スマイルゼミ◆

【我が家のマネー教育】おこづかいのあげ方で金銭感覚が育つ

 

小学3年生になってお小遣い制を導入しました。

参考にした書籍はこちら>>子どもにおこづかいをあげよう!

わたしは小学生の頃、母がATMでお金を出勤しているのを見て「お金って機械からでてくるんだ」って思っていました。恥ずかしい( ̄▽ ̄;)

自分でお金を使わないと金銭感覚は育ちません。子どもが成長して独立してからお金に困らないようにマネー教育の一環としておこづかい制を通して金銭感覚を育てる必要を感じていました。

おこづかいではお菓子を買ったりガチャガチャをしたり自分の娯楽のためだけでなく、自分の生活に使っている物事もおこづかいで買うので自分でお金を管理をする感覚が身に付きます。

それではお小遣い制導入までの道のりをいってみましょう(^^)/

子どもにおこづかい前段階

 おこづかい制実施前にお金の扱いになれるため次のことをしました。

習い事の月謝を管理と一人でお買い物デビュー

一か月単位で習い事の月謝を渡してその中から自分で月謝を支払うようにしました。

子ども一人でドキドキのお買い物デビューです。レシートとお釣りを確認も子どもにしてもらいます。 

おこづかい制をスタート

おこづかいのルールを決める

参考にした書籍はこちら>>子どもにおこづかいをあげよう!

 おこづかいをイメージできるように子どもにも読んでもらいました。子どもも読めるような本があるとイメージしやすいのでおすすめです。

「家族の一員として責任を果たし家の仕事をする」など今から始めるおこづかいのルール・考え方がわかりやすく書いています。本の表紙にも「おこづかい契約書」がありますので、子どもは興奮と「出来るかな」という不安が入り混じった反応をしてました。それでも「おこづかいをもらえる!」という嬉しさと管理を任される責任みたいなものに鼻息荒く顔を輝かせていました。 

おこづかい契約書を取り交わし毎週決まった曜日いおこづかいを渡す

参考にした書籍「子どもにおこづかいをあげよう!」にある契約書を参考におこづかいルールを明記して契約書を取り交わしました。この契約書でやっていいことダメなことをはっきりさせます。例えば「お金の貸し借りはしない」などですね。

マネー教育が目的なので月ごとではなく週ごとで渡すようにしました。いきなり大きなお金を長期スパンで管理はできません。大人だって同じです。

週給制のほうが失敗しても傷が浅い。今のうちに失敗体験・成功体験をたくさん経験して多くを学んでほしいです。 

おこづかいの金額の内訳

5つの項目をおこづかいの範囲として金額を決めました。小学生のおこづかいの相場とはかけ離れているかもしれませんが、実際に子供の為に使っている金額なので、親が管理して払うか子供が管理して払うかが違うだけです。

  1. 自分の楽しみとして使うお金
  2. お菓子を買うお金
  3. 文房具を買うお金
  4. 貯金するお金

お菓子と文房具は今まで親が管理していた物事です。お菓子はおやつ代で遊びに行くときは必ずおやつを持たすようにしていましたし、文房具は学校で使いますね。子どもが自分のことは自分で管理できるように少しずつ管理を任せていきます。

 

子どもの4つの自立を目指しています。

まだまだ小さいと思っている子どももあっという間に大人になる。大人になるまでに親が子どもへ教えて親元を離れても自分で生きていけるようにと自立できる子育てを目指しています。

経済的自立・生活自立・心理的自立・市民的自立です。

市民的自立とは市民として国民としての責任をもって行動するってことで、ボランティアや寄付などの社会貢献ですね。他の自立よりも一番難しいと思います。

だけど、人間は独りで生きているんじゃない。現在の社会のこと、環境や将来の社会について考え行動できるようになる。その意識を育てるのはとても重要なことです。

本書の中でアメリカの大学生はお金に関して計画性があるというお話がありました。

アメリカではわりと早い時期から実用的な金銭管理やお金に関してのトレーニングを積んでいるんだとか。アメリカでは次の4つをおこづかいに含んでいるそうです。

  • 欲しいもののためのお金
  • 必要なものの為のお金
  • 貯金の為のお金
  • 寄付のためのお金

「貯金」が計画性を育て、「寄付」が他者への配慮を学びます。

寄付は募金でもいいし、日常の生活の中でフェアトレードなどでもいいと思います。自分の見えない広い世界を意識するきっかけにもなりますね。

わたしは石けんを一つ購入するとカンボジアにも石鹸を一つ送ることができる石けんを使っています。

カンボジアでは肺炎や下痢・マラリアなどの感染症で命を落とすこともが大勢います。世界の5歳未満の死亡原因の33%が肺炎・下痢・マラリアです。悲しいですね。死亡原因を減らすには感染症予防です。

手・顔・全身に使える石けんです。

パッケージはもちろん環境に配慮した製造方法でリサイクル材料を使用しています。

 カンボジアの子どもたちにはクマのシールが入った石鹸が届きます。石鹸を使い終わるとシールが出てくるので楽しく手洗いが出来ますね♪

詳細はこちら>>ひとつ買えば、ひとつ届く【SAVE SOAP】

 我が家では身体を洗うように使っています。子どもたち身体を洗うたびにカンボジアの子どもが同じせっけんを使っているんだと優しい心が他者への思いやりが育ってくれればと願っています。

 

 最後に

旅行に行ったときに下の子どもにも臨時でおこづかいを渡しました。いつもなら駄々をこねて手が付けられないのですが、じっくりと自分の買いたいものを選んでいました!

臨時のおこづかいですが下の子どもも学んでいるようです(*^-^*)

「自分の裁量でお金を使う」って大人が考えている以上に子供を育てる大事なことなのだと感じました。

以上、「【我が家のマネー教育】おこづかいのあげ方で金銭感覚が育つ」でした。

ひとつ買えば、ひとつ届く【SAVE SOAP】

 

勉強嫌いを克服するために家庭でできること。たった5分の前準備が重要だった!

 

勉強が嫌い、苦手で悩んでいるならすぐにでもこの本を読んで欲しい。

 

たった5分の「前準備」で子どもの学力はぐんぐん伸びる!

 小学一年生の頃から勉強が好きなら自分で好きに勉強して得意になっていきますし親も子供を褒めて伸ばす、本人の努力を認めるなんて子育て本に書いてることは難なく実践できるはず。

でも、子どもが勉強嫌いになっていたら、「子供をほめて伸ばす」「努力を認める」など子どものやる気を伸ばす親のアクションが難しいですよね。

「宿題やったの?早くやりなさい!」とイライラした雰囲気になる毎日です。

なんで勉強嫌いになってしまったのか?の原因探しよりも、これから勉強嫌いを克服するために親としてできることは何だろうか?を見つけましょう!

元「浜学園」算数講師の洲崎真弘さんの著書『たった5分の「前準備」で子どもの学力はぐんぐん伸びる!』が目からウロコの勉強法でした。

この本は内容のまとめやブログ記事だけではなく悩んでいるならすぐにでも購入して読んでほしいと思いました。

「たった5分で変わるなんてウソでしょー」と思っていましたが、ちゃんとメソッドがあるのです。


5分で学力が上がったりするのは勉強が好きな子どもだけでウソでしょって思っていました。「そんなのありえない。タイトル詐欺や」ぐらいの悪いイメージをもっていました。 勉強嫌いな子どもが勉強が好きになって学力が上がるなんて、あなたは信じられますか!?

マイナスなこと言ってごめんなさい( ̄▽ ̄;)

否定的なイメージを持っていましたが評判がいいので読んでみると、ちゃんと理屈がありました!あぁ、目からウロコです。

成績が伸び悩んでいる子のノートは、やけに綺麗なものが多い

 テキストの回答が丸写しだったりでノートを書き取ることが目的になって授業が理解できておらず、授業内容の理解が中途半端になっている。わかったような気になっているだけで実際は理解できていない。

「わかったつもり」になってるだけなので子どもが自分で考えることがなく宿題も機械的にこなすだけの作業になっていて面白くない。

授業を受けてどれだけ理解をしているか、理解度を確認することが大切なのです。

理解度を確認するためには授業を受けて、自分でまとめたりして理解度を確認するために復習をして宿題をする、という流れになりますがこんなに丁寧にはできません。

そこで授業の前の5分の準備が重要になってくるのです!

授業の前に教科書などの教材にパッと目を通すだけ。

これから学習する範囲を「ふ~ん、こんなことを勉強するのか」と全体を見るだけ。その事前に見るだけで「わからない部分や知ってること」などを漠然とでも意識して目的意識をもって授業にのぞめるのです。

授業にのぞむ姿勢が変わってくるので知らず知らずの内に習得度が上がり「宿題がわからない」状態や宿題が機械的作業から復習の意味を持つ能動的な宿題へと変化していくのです。

本書には親から子供への声掛けの仕方や子供が自分から学ぶ習慣など細かいけれど大切なポイントが書いていました。

ものすごく簡単な紹介になりましたが、他にも参考になるエッセンスがたくさん詰まっていたので繰り返して読んでいこうと思っています。

子どもが勉強嫌いで悩んでいる、家庭学習の取り組み方に悩んでいるなどあればすぐにでも読んでほしい一冊です。

ぜひ手に取って読んでみてください。

以上、「勉強嫌いを克服するために家庭でできること。たった5分の前準備が重要だった!」でした。

 

小学生のプログラミング対策としておすすめな教材は?

Programmer

 

2020年の教育改革にむけて2018年の春から移行期間が始まります。2020年から英語とプログラミングが必修化になります。

来春から徐々に先行して取り入れる学校もあれば慣らし運転みたいに少しずつ周知をはかり2020年には本格的に教育改革が始動するって流れですね。

今までとは大規模な変化のある新学習指導要領を意識している保護者も多いですよね。自分たちが子どものことには体験したことのない内容だから余計に焦りを感じているママも多いはず。

プログラミング教室やロボット教室が大反響なのがその証拠です。

何を隠そう一度は我が家もプログラミング教室を検討したことがあります。

「レゴブロックやアーテックのブロックを使ってプログラムを組んで自分が作ったロボットを動かす」とかって楽しそうですよね。

でもね、月謝が少しお高めでこれから掛かる教育費を考えたら家計の負担になりそうで諦めました(´・ω・`)

 

塾など教室に通わなくても家で学習ができないかなって探してマインクラフトや「VISCUIT(ビスケット)」という小学生や未就学児でもできるような簡単なプログラミング言語を使って勉強するサイトもありました。

なんとか無料でプログラミングを勉強しようと探せばありました♪

論理的な思考を学びプログラミングに慣れるにはバッチリですね!

 

実際に小学校で学ぶプログラミングはどのような形になるのでしょうか。

プログラミングさえできればいいのかって言うと少し違うようです。プログラミング単独で教科があるのではなく、社会や算数や理科など存続の教科をプログラミングを通して内容の理解を深めたりする形のようです。

プログラミングだけを専門とした勉強でここまで存続の教科の理解を深めるような学びにつなげることが出来るのでしょうか。

「学習を意識したプログラミング」と考えると、やっぱりタブレットとかのデジタル教材でプログラミングが学習できればベストですよね。

タブレット教材と言えば、チャレンジタッチ・スマイルゼミ・Z会・すらら・デキタスが代表的な通信教材です。

この中でスマイルゼミが新学習指導要領に全面対応してプログラミング講座が始まります!(2018年3月から)

 こちら>>◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

スマイルゼミのプログラミング講座はどのような内容でしょうか。

スマイルゼミのプログラミング講座

子どもが一人でもできるように手順をスモールステップで楽しく学べるようになっています。公式サイトで画像が紹介されていますが、少しずつ指示を出すようなプログラムで間違いにも自分で気づいてわかりやすそうですね!

「社会は社会だけ」という単独の教科の学習から社会と理科をプログラミングを通して複合的に学ぶような感じですね。

公式サイトで紹介されていたのですが、例えば資源ごみを分別するプログラムを組むにも磁石の性質とリサイクルの仕組みを学びます。総合的に学び本物の理解を深めていくんですね。

小学生の低学年から学べるように学年に合わせたプログラミングを配信します。

  • スモールステップですすめる
  • プログラミングを通して存続の教科を総合的に学び理解を深める
  • 学年に合わせたプログラミングを学ぶ

通常の教科に加えて新学習指導要領の英語にプログラミングが勉強できるので経済的だし安心です(^◇^)

くわしくは公式サイトや資料請求でしっかりスマイルゼミの内容を検討してみてくださいね♪

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

 

 以上、「小学生のプログラミング対策としておすすめな教材は?でした。

 

漢字学習は地道な反復学習が必須。単純な勉強もタブレットで学べば楽しく効果的です。

Fun

 

小学生の勉強って、特に家庭学習では楽しく学ぶことが最大のキーポイントだと考えています。ここは譲れません。キリっ(`・ω・´)

楽しく学ぶことさえマスターすれば効率よく勉強もはかどり、学力にもしっかりと反映します。

でもね、暗記や計算、漢字の学習って単純な反復学習がどうしても必要になってきますよね。

わたしは特に漢字の勉強で楽しさを見出すのは至難の業だと思っています。

逆に言えば、漢字などの単純な勉強も楽しく勉強ができるようになると、他の勉強でも楽しさを見出だせる強みになるのではないでしょうか。

色々と調べてみて単純な反復学習を楽しく勉強するにはタブレットで勉強するのが効果的かなって思うのです。

なぜかと言うとですね、漢字検定(漢検)を受験した小学生でスマイルゼミで学習した小学生とそれ以外の受験生と比較した場合、スマイルゼミで学習した小学生のほうが合格率が高かったという実績が出ているんですよ。

【2017年度第一回漢字能力検定の合格率(小学生)】

  • スマイルゼミ会員以外:88.1%
  • スマイルゼミ会員:96.5%

なんとスマイルゼミで勉強した小学生のほうが8.4%も合格率が高いという結果が出ています!

2017年だけではありません。2016年も96.1%で全国平均の約1.6倍という高い合格率を出しています(@_@;)

すごいですよね。ちょっと公式サイトでも確認してみてください。

公式サイト>>◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

スマイルゼミはなんで、こんなに漢検に強いのかなって考えたんですけど、楽しんで勉強できる仕組みがあるのかなって思うのです。

スマイルゼミの漢字学習はどんな工夫がされているのか一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

漢字コレクション

 小学一年生では80字、2年生でさらに160字の漢字を学習します。5年生までで800以上の漢字を学習します。
高学年になるにつれて習得する漢字のボリュームも増えます。コツコツと日々の学習で漢字を学ぶのが肝心です。

スマイルゼミでは漢字を学び覚えた漢字の数だけ漢字メダルを獲得します。加えて、ミニテストを繰り返すと銀メダル、金メダルとレベルアップします!

ゲーム感覚で繰り返し反復学習できるようになっていますね♪

美文字判定

文字や漢字を綺麗にかけると子供本人も嬉しい。バランスよく綺麗に書くのって難しいですよね。スマイルゼミではお手本通りに美しく書けているか判定する機能があります。50点や70点など点数で判定がでて100点でハナマルで美文字認定ゲットです(#^.^#)

きれいに書くクセをつけていきます。きれいに書けるようになると嬉しい。

公式サイトのトップページや各学年のページにも画像で紹介がありますので見てみてください。

こちら>>スマイルゼミ

漢検ドリル

漢字を学ぶ上で何か目標があるほうがモチベーションにも繋がります。漢検を受験してみるのもいいですよね。漢検受験対策にスマイルゼミでは漢検ドリルでいつでも学習できます。小学一年生修了程度の10級から大学・一般程度の2級まで対応しています。

漢字検定の出題形式に近い形で出題されるので本番に向けての練習になりますね!

漢検英検キャンペーン

 スマイルゼミでは毎年キャンペーンを実施していて、嬉しいことに漢字検定の受験料を全額スマイルゼミが負担してくれるんですよ!

なんて素敵なキャンペーンなんでしょう(*´▽`*)

子供へのご褒美としては、漢字検定に合格すると限定のマイキャラパーツをプレゼントです♪
さらに満点で合格すると満点スマイル賞として証書を保存する証書ファイルをプレゼントです。

頑張るかいがありますね!

得意な勉強を増やそう!

 「ただ繰り返して覚えるだけ」

それが難しいのです。でも、単純な反復学習も楽しくできたら。

できる喜び

わかる楽しさ

学び楽しさをしっかりと身につけてほしい。

学び楽しささえ身に着ければ学習習慣も定着し、学びも効率よく進みます。

反復学習にはコツコツと日々の地道な努力が必須です。タブレット学習には子どもが嫌がるような地道な反復学習も楽しく学べる工夫が盛りだくさんあります。

スマイルゼミは漢検の合格率を見ても実績があります。信用に値しますね。あとは、わが子に合うかどうかです。

資料請求をしてじっくり検討してみてください。クリスマスや進級などのプレゼントとしてもいいかもしれませんね(#^^#)

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

 

以上、「漢字学習は地道な反復学習が必須。単純な勉強もタブレットで学べば楽しく効果的です。」でした。

 

キャンペーンやサービス内容などは記事作成当時のものです。変更されている可能性がありますので、詳細は公式サイトで確認してくださいね