小学生ライフ!毎日の勉強と習い事の話

小学生になると学校生活、勉強、習い事など気になることがいっぱい。調べたことをつらつらと発信します。

RISU算数の口コミが気になるなら知ってほしいリアルな体験談RISU算数を約2ヶ月続けた感想です。

小学1年生男子、小学4年生女子が夏休み前からRISU算数を始めました。約2ヶ月経過しましたのでその後の状況など感想です。

【RISU算数を始めた時の記事】

実はタブレットで毎日勉強していないのに算数の内容は先に進んでいました。先取り学習が実現しています。メリットは感じますが「惜しい!」と思うデメリットもありました。

なんでも期待していたような口コミや評判通りにはいかないけど、リアルな体験談が参考になれば幸いです。

公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

 

 

RISU算数を始めて約2か月後の継続状況です。

 

 RISU算数は子どもの学習状況をインターネットで確認ができます。上の写真は小学一年生のマイページのトップページです。写真の下の方に直近30日間の学習状況がわかりますでしょうか。

30日中にRISU算数で勉強したのは3日。たったの3日だけ!

15分未満が2日と45分オーバーが1日です。

 なんとも寂しいグラフですね。小4女子も同じようなものです。

あんなに夢中になっていたタブレット学習をなぜ継続できていないのか?

これには私の大きな失敗があります。かなり大きな失敗です( ̄▽ ̄;)

子供たちの継続を邪魔したわたしの失敗原因

RISU算数で夢中で勉強しているので欲張ってしまいました。とても言いにくいのですが進研ゼミ小学講座チャレンジが夏のキャンペーンを実施していまして1ヶ月だけ購読が可能だったんです。紹介キャンペーンのプレゼントもあったしチャレンジの付録も付いてくるし子供たちが喜ぶかなって思ったんです。

親がエサに釣られてどうするんだ、ってお叱りの言葉を受けそうです(汗)

算数はタブレットでプラスアルファで紙のテキストで国語も勉強してほしいって欲張った結果、子供たちは目新しい教材に興味が移りタブレットを放置することになってしまいまいした( ;∀;)

小1男子は、チャレンジ熱が落ち着いた頃にRISU算数を再開しようとタブレットを開けるものの前回の勉強していた内容が学校で習っている内容より先に進んでいたので「わからへ~ん、難しい」とぶ~ぶ~文句を言っていました。

へたに学習内容が進んでいたので時間が開くことで分からなくなっていました。

その時の計算内容は『5+4+2』という数字を3つ足すたし算やひき算でした。少し一緒に問題を解いて落ち着けば一人で順調に先に進めるようになりました。

小4女子は「あ、そういえば忘れてたね」って程度で問題なく再開することが出来ました。

RISU算数で 小1男子は小学2年生の内容まで進みました。

 進捗と学習済みの算数の内容が確認できます。

直近で実際に勉強している内容を見てみましょう。2桁のたし算です。

 2桁のたし算ひき算をひっ算で解いています。繰り上がりもあります。1年生の算数では習わない内容です。

たし算を指で数えていた1年生男子が2年生の内容まで進んでいるなんて感涙ものです。

ただ、勘違いしていることもありました。

新しい学習内容に進むときにチュートリアルで親切に説明があります。それを進めていたので理解しているのだと思っていたのですが、微妙に勘違いして理解をしていて「わからない!」と癇癪を起していました。

確認するとひっ算の繰り上がりの方法を勘違いして理解していました。少しこちらがサポートすると問題が解けるようになりました。

まだ1年生ですものね。全体的な理解力がまだまだ未熟です。

ずっと付きっきりで勉強を見る必要はないけど、定期的にサポートは必要だとつくづく感じた出来事でした。

 

 公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

 

小1男子の算数の基礎学力は向上、定着しているか?

 基礎学力は向上しているとは思います。定着も学習した内容が全面的にはまだ定着しきってはないと思いますが学習した内容の70%は定着しているように感じます。

指で計算しなくても答えを言えるようになっているけど、たまに指で数えたりします。たぶん自信がないから、つい指で数えちゃうって感じだと思います。

学力が定着しているのか?と不安に思いましたが少しのフォローで問題を解けるようになっているので定着していると感じました。

ただ、なんせ小学一年生なので経験値が足りないし理解力も足りません。そんな中で上の学年まで学習を進めているのは教材のおかげだと思います。

「3+8」や「9-3」などの計算で考えて答えているので時間がかかります。合っている時もあるし間違っている時もあります。まだ反射的に回答できないので計算力に不安があります。

本当は毎日5分でも週に3日でもコツコツと継続していたらもっと定着して算数に安定感がでると思うのですが、これはもう私の失敗が後を引いていますね。

 

小1男子RISU算数をやってよかったか?

 算数の第一歩でつまづいていたので、やってよかったです。これは性格に寄るところが大きくてマス計算やドリルでつまづきを乗り越えれる子供もたくさんいると思います。ただ、わが子の場合は面倒くさがってやりたがらなかったのと、私も忙しくてしっかり見てあげれない状況でした。

タブレットだからといってまったくの手放しで勉強をさせようと思ったらダメだったけど、少しはサポートする体勢で取り組み始めたら勉強が進みました。

欲を言えば、毎日じゃなくてもいいからもう少し勉強を進めてほしいです。RISU算数をやってよかったです!

 

小4女子の算数の基礎学力は向上、定着しているか?

最初の学力判定テストで失敗しているので低学年からスタートしています。わかっている問題を淡々とこなす日々を乗り越えてやっと小学4年生の学習内容まで進みました。本人はとても喜んでわざわざパパにもタブレットを見せていました。

喜んでいる姿を見ると私もとっても嬉しいです♪

もともと小学3年生までの内容を理解しているので色々な問題に取り組み基礎力強化になったとは思いますが、まだまだわかりません。これからが本番です!

小4女子RISU算数をやってよかったか?

彼女はコツコツと努力を続けることができる子どもなのでRISU算数でなくても、難しすぎない教材ならどんな教材でも良かったと思います。

楽しく勉強してポイントを貯めることに燃えています。どんどん学習を進めることに燃えています。

 

RISU算数を約2ヶ月続けた感想まとめ 

まず、子どもの性格で違っていますが、苦手なことにチャレンジするのを嫌がる低学年にはタブレット学習はピッタリでした。わたしの失敗がなければもっと先の内容まで学習できていたと思います。

誤算と言えば計算力がもう少し向上すると思っていました。計算力はまだまだ未熟です。これもわたしの失敗が引きづっている部分もあるかと思いますが計算内容が先に進むのは嬉しいですが算数の基礎となる計算力もしっかりと鍛えたいです。

毎日や週に3日でも5分程度でも継続して学習する習慣をつけるとより効果的だと思うので、我が家でも実践できればと今後の目標にします。

学習習慣を定着させる工夫としてメールでお知らせする機能があります。親である私にメールがきます。そして親が子どもに学習を促す流れになっています。それよりもタブレットがアラームで鳴るとかの設定があればもっと学習習慣を定着させる助けになると思のですが今のところはアラーム機能はありません。今後に期待します。

短い時間しか勉強していなくても先取り学習ができています。

家庭でこんな悩みがあるならRISU算数を試してみてもいいと思います。

  • 算数につまづいている
  • 伸び悩んでいる
  • タブレット学習を試してみたい
  • 子どもだけで勉強できるようになってほしい
  • 親が勉強を教える時間がない

 

算数は積み重ねて学習していくものです。つまづいたままだと学校の授業も苦痛な時間になります。授業が苦痛になると勉強全体にも悪影響が及びます。悪循環を早めにクリアできるようにしたいですね。

 1週間のおためし期間があります。お試し期間で子どもの学習状況などを観察して継続するか検討してみるといいと思います。基本料金は月額2480円です。塾に通うのと比較すると価格的には割安感はあります。

詳しくは公式サイトから内容を確認してくださいね。

 公式サイト>>RISU算数 - お子様1人1人にピッタリの学びを届けるタブレット教材

 

 我が家の小4女子みたいにどんな教材でも取り組む努力ができる子どもはRISU算数でなくてもほかの教材でもいいと思います。ただ、中学受験をするなど先取り学習を積極的にしたい場合はRISU算数は算数に特化しただけあって中学受験する子どもの家庭学習教材にお試しする価値はあると思います。

以上、「RISU算数を約2ヶ月続けた感想です。」でした。

 【関連記事】

 

キャンペーンやサービス内容などは記事作成当時のものです。変更されている可能性がありますので、詳細は公式サイトで確認してくださいね