小学生ライフ!毎日の勉強と習い事の話

小学生になると学校生活、勉強、習い事など気になることがいっぱい。調べたことをつらつらと発信します。

作文力に特化した『ブンブンどりむ』の無料体験キットを申込みしました。

 国語でも算数の問題でも文章を読み取れなくてつまづくことが多いと感じています。

言葉の読解力、表現力、国語の思考力をのばす作文力に特化した通信教育『ブンブンどりむ』の無料体験キットを申込みしてみました。

ブンブンどりむの詳細はこちら>>小学生×国語力=お子さまの未来を変える!

 ブンブンどりむの無料体験キット

体験キットの内容は全6コースの体験シート(テキスト見本)とパンフレット、体験談集、作文集です。

ブンブンどりむは入門コースから完成コースまで6コースあります。入門コースは1年生が対象でその次の基礎コースは2年生が対象という流れで6年生でコースが完了する形ですね。

 体験シートは書き込めるテキストになっています。

1年生から6年生の分までテキスト見本が入っています。

1年生のテキストは「絵を見ておはなしを作ろう」という問題で例題があってその横に自分で文章を書きこむようになっていました。イメージを膨らませて自由に書く練習ですね♪

2年生は「文章の書き出し」を学ぶ問題。書き出しって難しいですよね。書き出しにも色々なパターンがあるのを自分で文章を書きながら学ぶ流れになっていました。下の写真は2年生の体験シートです。マンガだから読みやすく次にすすみやすいと感じました。

書き出し方のポイント、例文を読んで次に絵を見て自分で文章を書く流れになっています。小学二年生でここまで出来たらいいですね(≧▽≦)

書き出しのパターン練習なんて学校では教わらないように思います。ここまでていねいに作文力を鍛えると文章を書くことが楽しくなるでしょうね♪

コースが上がるにつれて、いつ、どこでと5Wの書き方や擬人法の書き方などを学び6先生対象の完成コースではグラフや表から読み取る問題になっていました。

ここまで段階をふんで丁寧にステップアップして作文力を通し国語力全般を引き上げる教材は他にはないんじゃないでしょうか。

6年生になって急にグラフを読み取ってみよう、と問題が出ても難易度が高いと思います。これだけ年数をかけて無理なく基礎となる土台を築き上げる方針の教材になっています。

うん、いい教材だわ。我が家にお金があれば入会したいぐらい。でも家計に余裕がないから無料体験キット(資料請求)で良しとしときましょか(;・∀・)

我が家と同じように入会するのはムリって方も無料体験キットのテキスト見本は書店でのドリル選びにも参考になると思うのでぜひチェックしてみてくださいね(*^-^*)

詳細はこちら>>小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

以上、「作文力に特化した『ブンブンどりむ』の無料体験キットを申込みしました。」でした(^^)/

 

キャンペーンやサービス内容などは記事作成当時のものです。変更されている可能性がありますので、詳細は公式サイトで確認してくださいね